下試し【英文表記:shimodameshi 】とは、行き場を失った性的、または排泄的ないわゆる「下がかった話」を成仏させる日本の習俗の一種である。

 

2015年12月6日。

東京は町田に続き、まさかの2回目が尾張名古屋で開催されました。
今回は男性4名、女性4名の物好き合計8名が集結し、延べ2時間で24話のシモがかった話を成仏させました。

リンク)第一回 下試し in 町田の模様

IMG_6071

 

IMG_6220

今回の会場となった自由空間八田

IMG_6218

恒例となったこけしのお出迎え

主催者のネギシさんによる式次第とルール説明、祝電披露(全文はこちら)が初対面同士の緊張感満載のなか粛々と進められます。

<基本ルール>

  1. 性もしくは排泄にまつわる話に限る
  2. 人を不快にする話はNG
  3. 一話ごとにローソクの火を吹き消す
IMG_6234

主催の根岸さん。下試し東海支部長

続いての自己紹介で、全員が聞き手のつもりで来たということが判明し「誰がしゃべるんだ!?」という状態になるも、これが平常運転。我らが東海支部長が「風俗界の伊能忠敬の話」をゆっくりと語り始め、第二回下試しが幕を開けました。

 

IMG_6231

風俗界の伊能忠敬こと根岸さん

女性にはあまり縁のない風俗の話。そして、ファッションヘルスを「フェレス」と表現する彼のこだわりが、参加者のシモプスを適度に刺激し、オダさんの飛田新地(大阪にある遊郭の名残が残る風俗街)の話からバブル期の「打率8割、お持ち帰り5割の土下座ナンパ術」をご披露頂き、「ナンパってそんなに引っかかるの!?」「そんなにお持ち帰りできるの!」「3Pは!?3Pは!?」「バブルってすごい!」とみんな興味津津で良い感じにシモプスが覚醒し始めます。

 

IMG_6236

三宮の土下座ナンパ氏、オダさん

 

そして、このタイミングで何故かキムラさんから女性陣へ「精子について」とむき出しの質問が飛び出します。

 

IMG_6249

精子について問うキムラさん

顔色だけで女性に「精子の量が少なそう」と負の烙印を押された過去を持つキムラさんの話に「パンパンそう」「メレンゲっぽい」との女性からの温かくも優しい合いの手が飛びかい、どこか満足そうな表情を見せる木村さん。

そのまま精子に関する話は続き、女性からは高校時代に普段話をしない同級生から「お肌と髪がツヤツヤになるからあなたはザーメンを飲んだほうが良い」と勧められた話が披露され、その後は飲むか飲まざるかの議論につながり、男性陣からは飲んでもらった後はエチケットとしてガムを渡すなど紳士的なエピソードも飛び出し議論に花が咲いていきます。

 

IMG_6237

ザーメンの話をする面々

会場もすっかり温まり、女性陣がなおも「ザーメン」と連呼する異空間に注文したアフォガードを届けにお店の方が入室、ザーメンとアフォガードの対比も然るところながら、そのアフォガードをぶちまけるというアクシデントが発生し、会場は一時騒然となるも、なぜかそのぶちまけたアフォガードでダイジローさんのシモプスが反応。「熟シャ(熟女ぶっかけもの)AV」へと、みごと再び精子の話に着地します。

明らかにダメな話をしている大阪からバスで参加のダイジローさん

10点満点の着地を決めるダイジローさん

 

アフォガード

アフォガード

 

精子はどこに出すのが正しいのか?

 

基本的にAVを教科書としてスクスク育った男性陣と、「おしゃれだと思っていた彼氏に顔シャされて号泣した話」など女性陣からの応戦もあり男女間の溝は埋まらず、議論にも膠着が訪れようとしたそのとき、、、

 

IMG_6241

「大半は口に出される。。。」 (写真左)

これまでの議論はなんだったんだという女性陣からの裏切りが。

IMG_6239

絶句する男性遍歴を知る友人のキヤタケさん(写真奥)

今まで知らなかった友人の一面を知った下試し。

 

その後、勢いづいたイノトモさんは続けて「部屋中にまき散らされた話」を淡々と語り始めます。いつの間にか下試し東海大会のフィールドを制していたイノトモさん。新たな王者の胎動を誰もが感じていたのではないでしょうか。

そして、第二回チャンピオンの誕生

その後も何回イクのが正解か、排泄にまつわる話など話題は尽きない中タイムアウト。

そして、チャンピオンは満場一致でイノトモさんに決まり、第2回下試し in 名古屋を無事終えることができました。

第二回チャンピオン誕生の瞬間

第二回チャンピオン誕生の瞬間

 

商品は会場にあったお菓子です(スポンサー募集中)。

東海大会まとめと感想

下試しが名古屋で開催されると聞き、楽しみな半面、いざ参加するとなると初対面の男女でシモの話が成り立つのか、本当にみんな来てくれるのか、そして話してくれるのか…と心配な部分が多くありました。

しかし、ふたを開けてみると参加者みんなでお互いの話を広げあう姿はまさにシモプスがつながる瞬間に立ち会えたのではないかと思います。シモプスのつながりは初対面とは思えないような一体感を生み出し、気がつくとあっという間に2時間が過ぎ去っていました。アンケートには「時間が足りなかった」「初対面でも下ネタで盛り上がれることがわかった」「第三弾を期待します」という声もいただき、「やってよかったな」そう思いました。

 

プライバシー用仮面

誰もつけなかったプライバシー保護用の仮面。

 

IMG_6229

義母企画の家族旅行のため参加できなかったセミピューロ代表の写真と

 

このたびはご参加の皆様、本当にありがとうございました。

ご参加いただいたみなさまと

ご参加いただいた皆様と

 

 

関連リンク

1) 【レポート】 第一回下試し(しもだめし) in 町田
2)  第二回下試し(しもだめし) 祝電全文
3) 【レポート】 第三回下試し(しもだめし) in 町田
4) 下試し全話〜今は昔、下試し〜
5) 下試し(しもだめし)ラジオ

Pocket