今は昔。

最近になって父親が包茎手術をしたと語る男の語(こと)。

 


 

もう70歳になる親父が包茎手術をしたと聞いて。

 

 

何か病気でもしたのかと心配になり、

 

帰省の際に聞いてみたんですね、「なんで包茎手術したの」って。

 

 

そしたら、

 

「これから介護とかしてもらう時に、包茎やったらカッコ悪かろうもん」って言ったんです。

 

 

想像もしていない前向きな答えが返ってきて、

 

なんかこう、粋だなぁって。

 

 

最近は高齢者の医療費問題とか、若者への負担がどうとか、

 

ネガティブな面だけがクローズアップされることが多いと思うんですけど、

 

こういう味わい深いポジティブな物語も隠れてるんだなぁと思って。

 

 

そんな帰りの飛行機の中で思い出したのが、

 

小学校くらいのときですかね。

 

 

お風呂に入っている時、

 

親父が私のチンチンの皮を突然ピーって引張って、

 

 

「あー、こら切らやんばい」

 

 

って言ったんです。

 

 

その時の恐怖を今でも鮮明に覚えてて、

 

「何で切るの!?」って。

 

 

でも今思うと、そう言う親父もまだ切ってなかったんだなと。

 

 

何というか、しみじみと良い帰省だったなって思いました。

 

 

〜第五回下試し(しもだめし)より〜

 

あとがき

 

介護の時に恥ずかしいからという理由で、包茎手術をする高齢者は実際に増えているそうです。

 

これが最後の隠れたオシャレとでも言うところでしょうか。

 

 

人生100年時代に到来に、

 

明るい一面を照らしてくれる、味わい深い良いシモがかったお話でした。

 

 

<PR> 最新の包茎治療なら【東京メンズサポートクリニック】

 

Pocket