今は昔。

人とは手淫の仕方が微妙に違ふと云ふ男の語(こと)。

 


 

一般的に手淫(オナニー)と云へば、

 

こう縦にシコシコするが常と思へども、

 

 

我は物心つきし頃から、亀頭に皮を被せ、

 

蛇口をひねるが如くキュッキュッキュッと皮を回すが常となりけり。

 

 

されど年を取るにつれ手淫の長時間化が進みて、

 

2時間、3時間と蛇口をひねれどもひねれども至らざるやうになりて、

 

しからば手のひらでこう・・

 

頭のほうをキュッキュッキュとスクラッチするようになりき。

 

 

長時間、頭をスクラッチすらば、

 

触るだけでカウパーが溢るること泉の如く亀頭が敏感になりせば、

 

やうやうにカウパーがさらにすごいことになりて、こう、

 

 

あーなんかすごいなーって。

 

 

この状態を我は、

 

 

「亀頭が出来上がる」

 

 

と呼びにけり。

 

 

第三回下試し(しもだめし)より〜

 

 

生音声はこちらから!

 

 

お知らせ

手淫(オナニー)に関するシモがかったエピソード(下ネタ)を募集しています。

エピソードの投稿はコメント欄、またはこちら(お申し込みフォーム)へ願いいたします。

 

 

まだ見ぬ下ネタを、下試し(しもだめし)。

 

<PR> 感覚的にはこれに近い?HARD BOILED PACKAGE

1,975円

 

Pocket