今は昔。

高校生の溢れる純粋さがゆえに、ムラムラの向け先を誤った男の語(こと)。

 


 

高校生のとき、友人数人と泊まりで旅行に出かけけり。

 

すると宿泊した旅館のテレビにて、

 

有料チャンネルならぬ無料チャンネルでエッチな番組が常に流れけり。

 

 

親の目から離れてエッチな番組が観らるるなど此れ最高なりと、

 

友人数人と川の字に並んで観るも、ムラムラすれども誰一人として抜くと言えず。

 

 

さればどうしようもなくムラムラが限界になりし者が、

 

 

「正直にフロントに電話して、これ売って貰おう!」

 

 

と云ひにけり。

 

 

有線の配信チャンネルなれば売ってもらえれねども、

 

「売って貰おう」と引き下がらない純粋な彼と、

 

「売ってもらえねーよ」なんてやりとりをしていると、おもむろに電話機の横に

 

 

「マッサージ40分4000円」

 

 

と書いてあるを見つけたり。

 

 

 

されば、

 

「もう正直に電話して抜いてもらおう」

 

 

となりにけり。

 

 

「正直にとかそういふ問題じゃねーよ」なんてやりし挙句、

 

実際に電話してみせば、

 

 

「スタッフの平均年齢は50歳以上です。」

 

 

と云はれ、

 

 

「・・・も、もう正直に言って抜いてもらおう!」

 

 

と云ふ話をした、甘酸っぱきも美しき青春の日々なるや。

 

 

 

第一回下試し(しもだめし)より〜

 

 

甘酸っぱい音声はこちらから!

 

 

 

 

100年前と100年後を下ネタで繋ぐ、下試し(しもだめし)。

Pocket