今は昔。

プレイボーイな知り合いの自慰行為があまりにも高度であると語る男の語(こと)。

 


 

 

9人と同時に浮気をしているプレイボーイな知人がいまして。

 

野球チームが作れるっていつも自慢してるんですけど、性欲がすごくてですね。

 

 

20代のころは犯罪を犯しちゃうんじゃないかと、すごく悩んだらしいんです。

 

 

それぐらい性欲が強くて、浮気相手もたくさんいる彼なんですけど、

 

その人のオナニーは妄想だけなんですよね。エロ動画とかエロ本は一切なしで。

 

 

その日に会った人とかを思い出して二時間ぐらいやっているらしく、

 

 

まずデートに誘うところから始めるらしいんですよ、妄想で。

 

 

そして、一緒にご飯に行くと。

 

 

和食に行って、酔いも回ってきたところでホテルに誘うと、

 

 

断られることもあるらしいです、妄想で。

 

 

そして、「和食がダメだった、次はイタリアンにしよう」って反省して、

 

またイタリアンのくだりから始めるんですよ。

 

 

で、やっとホテルまで行って、そこでまたダメになって。

 

 

「あー、あの誘い方がだめだったのかな」って。

 

 

で、また最初からはじめて。

 

 

ついにフィニッシュに行くときには、

 

もう2時間経ってるっていうカメラマンの話です。

 

 

 

第三回下試し(しもだめし)より〜

 

 

あとがき

 

 

エロ動画を観て、目や耳からエロい信号を脳に送り、

 

次に脳からのもっとエロい信号で海綿体を充血させる。

 

 

一方、妄想だけで楽しめる人は、

 

目や耳を介さずに、脳から始まるエロい信号で海綿体を充血させる。

 

 

エネルギー収支で見ると明らかにエコで効率が良く、

 

むしろ洗練されて非常に精神的に高度な営みにも見えて、

 

日々エロ動画を漁るように生きている自分が恥ずかしくなりました。

 

 

良い意味で歳は重ねていきたいものです。

 

 

 

Pocket