今は昔。

早漏には早漏なりの挿れ方があると語る男の語(こと)。

 


 

 

知り合いに9人と同時に浮気をしているプレイボーイなカメラマンがいまして。

 

参考:第43話「ドラマ仕立てな手淫のオカズ」

 

 

今39歳で、2年前の話らしいんですけど、

 

その頃すごく早漏で悩んでたらしいんですね。

 

 

あまりにも早くて浮気相手から殴られるぐらい怒られたと。

 

 

 

それですごく反省して、いろいろ勉強して。

 

そしたら週刊ポストか何かの袋とじに、早漏対策みたいな記事が載っていて。

 

 

君の挿れ方は深すぎると。

 

 

もっとこう姿勢を正して浅く入れろって書かれていて、

 

それで克服したっていう話です。

 

 

ーーーなるほど。早漏の分際で気持ち良くなろうとするなと言うことですね。

 

 

早漏の人はあんまり深く入れないようにすれば良いそうです。

 

 

ーーー早漏には早漏たる理由がある。また早漏には早漏の挿れ方がある。

 

 

深いですね。

 

 

ーーーでも玉砕覚悟で深く挿れたくなる気持ち、わかります。

 

 

 

第三回下試し(しもだめし)より〜

 

 

 

それを苦しいと感じるのは、正しい道に従って歩こうとしているからなんだ、下試し(しもだめし)。

 

 

<PR>
漫画 君たちはどう生きるか

Pocket