今は昔。

処女と良いことができる上にお金がもらえると聞きて、中国奥地の少数民族の村に連れて行かれし男の語(こと)。

 


 

 

村に着くとホテルに村長が待ってて。

 

あとなぜか屈強な男も銃を持って立ってて。

 

そしてそのまま、とある家に連れて行かれて。

 

部屋の真ん中に布団が敷いてあって。

 

女の子が1人。

 

 

で、銃で突きつけてヤレヤレって。

 

 

———銃を突きつけられて・・・?

 

 

処女だから急にやると痛いとかなんとか言いながらも、なんとか最後まで事を終えると、

 

 

隣の部屋からパチパチパチって拍手が聞こえてきて。

 

 

なんだこれって。

 

 

ーーードッキリ?

 

 

要するに、その少数民族の村では女の子は8歳で結婚しちゃうのね。

 

問題は8歳で結婚するのはいいんだけど、少数民族の村だから近親交配が続いて血が濃くなっちゃう。

 

 

だから、その村では他の民族と子供を産んだ女性しか結婚できないらしく、

 

これで結婚できるようになるってことで、お礼にお金をもらう仕組みです。

 

 

30円とか。50円とか。

 

 

その後、町の長老に「いや、おめでとう」みたいな感じで接待されて、

 

これで終わるのかと思っていたら、その長老がおもむろに電話をしてるんですよ。

 

 

そうすると次の家にまた拉致されて。

 

 

それを1日中繰り返して、だいたい8回から9回ぐらいですよ。

 

それで僕ら日本人4人と通訳の中国人1人とで行ったんですけど、

 

村長の家に帰ってきた時には全員、目の下にクマがあってどんよりしてました。

 

 

みんなで翌朝どうするとか話し合って、

 

でも奥地の村で誰も送ってくれないから、車の迎えが来るまで僕ら2泊3日ずーっと種馬状態で続けさせられて、

 

2日目なんてほんと大変で・・・

 

 

 

・・・あれね、出しすぎると太陽が黄色くなるって嘘ですよ。

 

 

———そんな話は初耳ですが。

 

 

あるんですよ。あれは嘘。

 

9回ぐらいやって全部吐き出し続けると世の中が全部白黒になる。

 

視野が狭くなってモノクロになる。

 

 

そして、どこにも動く気力がない。

 

全身筋肉痛。背筋がまず痛い。背筋と太ももの筋肉が痛い。

 

常に腰を動かしてるからこのへんが全部バリッバリなんですよ。

 

 

最後の方は服を脱ごうと、何をしようとも、そもそも勃たない。

 

だから、ちょっとそのへんの箸でこうやって添え木してやってました。

 

 

そうすると、なんか怪しげな薬をもらうの。黄色い。これを飲めって。

 

それを飲むといきなりまた勃起するの。なんだこれ、みたいな感じで。

 

 

そんな感じで2泊3日で20数回。もう帰り死にそうですよ。廃人状態。

 

 

案内してくれた中国人にもう一回行きますかって言われたけど、さすがに断りました。

 

 

———もしかしたら中国にはお子さんが・・・

 

 

沢山いるかもしれませんよ。

 

村長の家の後ろが孤児院になっていて、

 

そうやって生まれた子を全員で育てているんです。

 

 

アジアでは結構その手の話を聞きますね。

 

自衛隊とか駐屯地で奥地に行くと、日本人は割と歓迎される。東南アジアとか。

 

そういうとこで日本人の男の子は優秀に育つからって言ってやれやれっていわれて、

 

結構自衛隊の子どもいっぱいいるらしいですよ。

 

 

孤児院には黒人も白人もみんないました。

 

 

———すごい話ですね。まさか下試しに銃が出てくるとは・・・

 

 

銃突きつけるくらい必死なの。

 

やってくれないと、子供ができないと結婚できないから。

 

種馬ってのはこんなにつらいのかと思いますよ。

 

 

———社会性を除けば合理的な行動にも見えますね。

 

 

行きたい方いたらご案内します。

 

僕はそこの車で見送るだけであとはさようならって言って、

 

どんな顔で帰ってくるのか見るのが楽しみ。

 

 

それとね、始めのうちは若いの。ヘタすりゃ8歳とか12歳とか。

 

問題は後半になると、1回やってだめだった、子どもが生まれなかった女性になるんで20歳代。

 

田舎だから若く結婚するのに、

 

 

———お話ありがとうございます。もう大丈夫です。

 

 

第三回下試し(しもだめし)より〜

 

 

<PR>

 

 

Pocket