今は昔。

妻に素直に感情を表現できない、そんな不器用な九州男児の語(こと)。

 


 

 

先日、些細なケンカから妻が家を出て行きまして・・・。

 

 

その後なんとか帰っては来たんですど、

 

やっぱりこうなんか、家の雰囲気が悪いんですよね。

 

 

 

ちなみに私は九州男児ですから。

 

私から謝るなんてことは、まずあり得ない。

 

 

 

でも日が経つにつれて、子ども達も何だか不安がっちゃって。

 

 

こりゃいかんなということで、謝ろうかなと思うんですけど、

 

・・・やっぱり九州男児が邪魔するんですね。

 

 

 

その日も、お互いに「おやすみ」もなく、いつも通り寝床についた際に、

 

私、意を決しまして。

 

 

嫁さんの布団にツツーと入っていって、背中をチョンチョンとしたんです。

 

そしたら向こうも察すれば良いモノを、背中を向けたまま微動だにしないで。

 

しょうがないから、体をこちらに向けようとグッグッと力入れて。

 

それに対して嫁さんは体を硬くして抵抗して。

 

ずーっとそんな感じでグッグッなんてやっていると、

 

 

なぜか私ビンビンになりまして。

 

 

それで、ちょっと攻め手を変えてサーッとパンツとズボン脱がして、

 

妻が股を閉じないように、顔をガッと挟み込んだんです。

 

 

 

 

そして、そっとクンニをしました。

 

 

 

 

静かな部屋で子どもの寝息と私のピチャピチャといういやらしい音だけが響く中、

 

 

心の中で「ごめんね」と。

 

そんなことを思いながらぺロぺロペロペロ舐めてたらですね、

 

嫁さんが「あんっ・・・」って言ったんです。

 

 

もうこれが事実上の終決宣言。終わったなと。

 

まるで天皇陛下の玉音放送を聞いているような。

 

 

———いいお話ですね。

 

 

 

〜第四回下試し(しもだめし)より〜

 

 

<PR>
昭和天皇玉音放送 永久保存版 CDブック

 

 

Pocket