今は昔。

仲の良い友達と二人、六本木のクラブで遊びし女の語(こと)。

 


 

 

終電が無くなりて、クラブで仲良くなりし黒人女性に、

 

「家泊まる?」と云われにけり。

 

 

その黒人女性は白人女性と2人でルームシェアしたりと云ふので、

 

友人と2人で彼女達の家に行きし。

 

 

 

そして夜中にふと目が覚めると、

 

その黒人女性が私の胸を舐めたるに気がつきけり。

 

 

私の友人は白人女性と二段ベッドの上に寝たりしも、

 

すでにぺちゃぺちゃと音がしたり。

 

 

我は恐怖から寝たふりをすれども、だんだんと下の方に攻め入りくるなれば、

 

「もう駄目、ストップ」と云ひて手を制し、

 

 

「トイレ」と云ひて、その隙に帰りし。

 

 

友人は声とかも出ていたのでノリノリかなと思ひ、

 

 

そのまま捨て置きて帰りなむや。

 

 

第一回下試し(しもだめし)より〜

 

 

生音声はこちらから!

 

 

100年先と100年後を下ネタでつなぐ、下試し(しもだめし)。

 

 

Pocket