今は昔。

夫の誕生日にアナル挿入セットを贈りたる女の語(こと)。

 


 

妻:旦那がホモとかゲイにすごい興味があって。

 

あと少しホモっぽいところもあったので、

 

「こいつはイケるかもしれない」と思って、初心者向けのアナル開発セットを贈りました。

 

 

<PR>
高級シリコンアナルプラグ3点セット 殿様のアナル開発 激震編

 

 

———すごい。

 

 

妻:普通は最初みんな痛いらしいんですよ、ちっちゃいものでも。

 

・・・でも結構、最初からいけたみたいで。

 

ほんと才能がある。

 

 

———才能あるんですか?

 

 

夫:うーん・・・。

 

痛くはなかったんですけど、

 

そこまで快感は感じなかったので最近はあんまりやってないんですけど。

 

でも、そのアナルを開発しようかってときに、池袋を歩いていると偶然ホモショップを見つけて。

 

 

———偶然かな。

 

 

夫:そこで見てたら、店員のオネエが「どんなのお探しですか〜?」みたいに来たんで、

 

「僕が初めてで開発される感じなんですけど〜」みたいな感じで。

 

いろいろ話していたら、いつの間にかそのお店では僕の彼氏は巨根ってことになっています。

 

 

———そうなりますよね。ちなみに奥様が拡張されたり、やってあげたりするんですか。

 

 

妻:最初はやってあげたんです。

 

結構よさそうだったので、もしかしたら自分でもやるかなと思って、あげました。

 

 

———犬のおもちゃみたいに言いますね。

 

 

妻:でもどっちかというと私もMなので。

 

旦那がより強いMだから、こっちがSに成らざるを得ない。

 

 

———なるほど。磁石みたいなもんですね。

 

 

夫:でもどちらかと言うとMの方がスイッチ効くと思いますよ。

 

だってMはMで在りたいのに無理やりSをしないといけない、この苦しみ。

 

そこに耐えなきゃならない苦しみが。

 

 

———そっちもまんざらじゃない感じですね。

 

 

夫:でもやっぱりSの人がMをやると基本的にダメなんですよ。たぶん。

 

屈辱を与えたい方なんで自分が与えられるのは耐えられないって言いますよね。

 

私はMなんでわからないですけど。

 

 

———確かに。ちなみに私は九州男児のドSなので。でも一線を越えられるくらい攻められたら分かんないですよ。

 

 

夫:そうだと思います。そのプライドが逆にどう働くか、興味がありますね。

 

 

 

〜第四回下試し(しもだめし)より〜

 

 

あとがき

 

性にオープンな夫婦は本当に見ていて羨ましくて。

 

妻を「結婚相手」と社会的に見るか、

 

人生の「パートナー」として見るか。

 

 

そこには大きな隔たりがあるように感じたのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Pocket