今は昔。

見えているという理由で、物心つきし頃からアナルに心を奪われし男の語(こと)。

 


 

 

僕がアナルに興味を持ったのはですね、

 

エロ本ってモザイクでちょうど大事なところが隠れている。

 

でも、必ずアナルだけは見えてる。

 

 

———ああ、確かに、

 

 

と言うことでですね、

 

そこにしか興味がいかなくなってしまったんです。

 

 

———見えているところに。

 

 

そうです。

 

どうせ見えないから。

 

見えるところに興味がいくようになっちゃったのが、僕が小学6年生くらいの時。

 

 

———他に行くべき興味が全てアナルに向いたと。

 

 

そうなんですよ。だってどうせ見えないし。

 

よくあの黒いところを消しゴムで消したりとか、

 

セロハンテープで剥がしたりもするんですけど、

 

なかなか・・・なかなかというか、どうせ見えない。

 

 

———心の目でしか。

 

 

そこから僕の心はアナルに走っていきました。

 

そこにしか興味が無くなっちゃった時期もあるんですよ。

 

 

 

・・・今は両方ありますよ。

 

 

 

———ちゃんとアナルは残ってるんですね。

 

 

 

それで小学校の時ミニ四駆って流行ったじゃないですか。

 

 

———なんとなく話が読めました。

 

 

そのミニ四駆のモーターにボールペンを刺してですね、

 

電池のプラスとマイナスの所をくっつけるとグーっと回り始めるわけです。

 

 

rpmっていう単位は1分間の回転数で、

 

1分間に20,000回転するモーターのことなんですけど、

 

20,000rpmだと、だいたい1秒間に333回転、回転するわけですね。

 

 

それを僕が電池にプラスとマイナスをくっつけながら、

 

ウーンって音がするのを肛門に近づけてみたんです。

 

 

ボールペンの先っぽがウーンとすごい勢いで回りながら、

 

僕のアナルに近づいてくるわけです。

 

 

———あ、自分のアナルだったんですね。

 

 

そうです。

 

まずは自分で試してみようと思って。

 

 

———すごい。

 

 

まだ、小学校の5、6年生だったんで、相手もいないですし。

 

まずは自分でやってみようと。

 

 

・・・まあ好奇心ですね。

 

 

でもやっぱり1秒間に333回転ってのは、

 

見た感じはすごい勢いがあるわけですよ。

 

 

それが僕のアナルに近づいてきて、

 

さあいよいよというときに、

 

ウーンという音がプッと止まるわけです。

 

 

あまりにも僕のその、締め付けが強いのか、

 

もしくはモーターが弱いのか。

 

 

ちょっと分からなかったんですけど、何度か挑戦してみて、

 

その次に24,000rpmっていう、ちょっと強めのモーターを使ってみたんですけど、

 

残念ながらそれでも僕のアナルは開発されませんでした。

 

 

そしたらますますアナルに興味が沸いてきたんです。

 

 

———まさに逆境ですね。

 

 

そうなんです。

 

そこから常にアナルを目の前にすると、

 

まずそこから攻めるようになってしまいました。

 

 

〜第四回下試し(しもだめし)より〜

 

あとがき

 

このシモがかった話の話者は、いくつもの会社を経営するビジネスマンで、

 

まるで「デール・カーネギー」や「スティーブン・R・コービー」などの、

 

自己啓発書の古典の読了感すら与えてくれる、

 

非常にためになるシモがかったお話でした。

 

 

 

 

 

Pocket