下試し【英文表記:shimodameshi 】とは、

行き場を失った性的、または排泄的ないわゆる「下がかった話」を成仏させる日本の習俗の一種である。

 

2015年12月6日。

東京は町田に続き、まさかの2回目が尾張は名古屋で開催されました。

 

今回は男性4名、女性4名のウェルバランスで物好き合計8名が集結し、

延べ2時間で24話のシモがかった話を成仏させました。

 

リンク)第一回 下試し in 町田の模様

IMG_6071

 

IMG_6220

今回の会場となった自由空間八田

IMG_6218

恒例となったこけしのお出迎え

 

下試し(しもだめし)東海支部長による式次第とルール説明、祝電披露(全文はこちら)が初対面の緊張感満載のなか粛々と進められます。

 

<基本ルール>

  1. 性もしくは排泄にまつわる話に限る
  2. 人を不快にする話はNG
  3. 一話ごとにローソクの火を吹き消す
IMG_6234

主催の根岸さん。下試し東海支部長

続いては自己紹介。

 

まさかの全員が聞き手のつもりで来たということが判明したところで、

東海支部長が「風俗界の伊能忠敬の話」をゆっくりと語り始め、第二回下試しが幕を開けました。

 

IMG_6231

風俗界の伊能忠敬こと東海支部長

 

ファッションヘルスを「フェレス」と表現する東海支部長のこだわりが参加者のシモプスを刺激したのか、オダさんにバトンタッチ。

飛田新地(大阪にある遊郭の名残が残る風俗街)の話から、バブル期の「打率8割、お持ち帰り5割の土下座ナンパ術」をご披露頂き、「ナンパってそんなに引っかかるの!?」「そんなにお持ち帰りできるの!」「3Pは!?3Pは!?」「バブルってすごい!」と女性からも興味津津で良い感じにシモプスが覚醒し始めます。

*ちなみにシモプスとは他人のシモネタから連鎖的にシモネタを思い出す脳内情報伝達の接触構造のことです。

 

IMG_6236

三宮の土下座ナンパ氏、オダさん

 

そして、突然キムラさんから女性陣へ「精子は飲むべきか」とむき出しの質問が勢いよく飛び出します。

 

IMG_6249

精子について問うキムラさん

 

普段であればドン引きどころか、意味がわからずそのまま警察送りになってもおかしくないどストレートな質問に対しても女性から温かくも優しい「精子パンパンそう!」と合いの手が入り、どこか満足そうな表情を見せる木村さん。

 

これこそが下試し(しもだめし)。特異空間を作り出すひとときの魔法。

 

そのまま精子に関するどこに出すのが正解か、飲むか飲まざるかの議論は続き、男性陣からは飲んでもらった後はエチケットとしてガムを渡すなど紳士的な一面も飛び出しました。

 

IMG_6237

ザーメンの話をする面々

明らかにダメな話をしている大阪からバスで参加のダイジローさん

幼少期からAVを教科書に育った男性(大阪から参加)

 

ゴムなき精子はどこに出すのが正しいのか?

 

基本的にAVを教科書とした育った男性陣と、化粧が落ちる、味が残り続ける、気持ち悪い、好きだった彼氏に顔射されて号泣して別れた話などと溝は埋まらず、なんとなくお腹あたりで議論は決着します。

 

その後も介護の現場における恋愛事情や、男女間の丁寧さの定義、イッた後のテンションの違いなど止まることなく議論は加熱し、興奮の最中で時間切れを迎えました。

 

そして、第二回王者の誕生

そして厳正なる投票の結果、第二回下試し(しもだめし)王者は「部屋中にまき散らされた話」「口内射殺未遂」などの話で下試し東海大会のフィールドを制し続けたイノトモさんに満場一致で決定しました。

 

第二回チャンピオン誕生の瞬間

第二回チャンピオン誕生の瞬間

 

本人だけが意外な顔をしていたのがまた好印象でした。

東海大会まとめと感想

初対面同士、また全員がシモネタを聴きに来たという不安な幕開けから、蓋を開けてみれば出るわ出るわで話し足りない余韻と興奮で幕を閉じました。

参加者みんなでお互いの話を広げあう姿、相手の話から自分の話を連鎖的に思い出す様は、まさにシモプスの存在を証明しており、シモネタで人は繋がれると確信を深めました。

 

アンケートには「時間が足りなかった」「初対面でも下ネタで盛り上がれることがわかった」「第三弾を期待します」という声もいただき、終わりがけに女性から「あー、面白かった」との声も漏れ、「やってよかった。」そう思いました。

 

プライバシー用仮面

誰もつけなかったプライバシー保護用の仮面。

 

IMG_6229

義母企画の家族旅行のため参加できなかったセミピューロ代表の写真と

 

このたびはご参加の皆様、本当にありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう。

ご参加いただいたみなさまと

ご参加いただいた皆様と

 

関連リンク

  1.  【レポート】 第一回下試し(しもだめし) in 町田
  2.  【レポート】 第三回下試し(しもだめし) in 町田
Pocket