今は昔。

大学生のときに童貞で包茎の男と付き合っていたという女性のお話。

 


 

あれは大学に入ってすぐの、まだ私が未成年だった頃。

彼氏と初めてのそういう行為にいたろうとしたとき、

 

「実は言わなきゃいけないことがあるんだよね」

って言われて。

 

彼はすっごく真面目な男の子で、

 

「俺、剥けてなくて、20歳になったら親に内緒で手術するから、それまでセックスできないんだ」

って言われて、

 

別れました。

 

———別れたんですか?

 

一回は別れたんですけど・・・、そしたらなんか

 

自力で剥いてきて。

 

———できるんや。

 

言ってみるもんだなぁって。

 

そんな一皮剥けた話です。

 

———剥いてきたから、よりは戻ったんですか。

 

戻りました。よく剥けたなって。

 

———おまえ頑張ったねって。

 

ご褒美に。

 

———ひでぇ話ですね。

 

いやいや、良い話ですよ。人が成長する話です。

 

———ジャンプの主人公みたいですね。

 

ヒーローが一度負けて頑張るみたいな。

 

———たとえばその時、包茎でもいいからやりましょう、とはならなかったんですか?

 

やってみたらもう、「痛い痛い」ってなっちゃって。

無理くり入れちゃおうとしたらなんか、すごい痛がっちゃって。

 

無理でした。

 

———さらにひでぇ話ですね。

 

自分の限界は自分で決める、というお話です。

 

〜第五回下試し(しもだめし)より〜

 

 

あとがき

 

ちなみに周りの外国人に話を聞くと、日本人が包茎手術しない理由が理解できないという声を多く聞きます。

 

簡単に腹は切るのに、皮は切らないのかと。

 

そんなうまいこと言われたよ、というお話でした。

Pocket