今は昔。

テンガ(TENGA)さえあれば言葉の声も乗り越えられる、外資系企業も楽勝だと語るグローバルエリートのお話。


当時、日系企業に長年勤めている閉塞感というか、もっと世界から見た日本の立ち位置や、将来を見てみたいなと思って。

英語が全く話せない状態で外資系企業に転職しました。


———ずいぶん思い切りましたね。

そしたら入社してすぐに、大きなグローバル会議があるから一人で中国行ってこいと。そしてプレゼンしてディスカッションしてこいと。


———まさに逆境。。。

試行錯誤の末、付け焼き刃の英語は役に立たないと諦めて、

テンガを数本持っていくことにしました

———思考回路が理解できないですね。

それで会議の前に、

「初めまして、私は最近入社したものです。これは日本のお土産です。」みたいな感じでテンガ(TENGA)を渡して。

なんとなくジェスチャーで使い方を説明すると、みんなOohhh!」みたいな感じで喜んでくれて。

肝心の会議では私は「Yes」とExciting くらいしか言ってないんですけど、妙に印象だけは残ったみたいで。

———そりゃそうでしょうね。日本人どうなってんだって思われますよ。

後日、とある外国人が日本に来たとき、

「チームのみんなに、あれ(テンガ)を買って帰りたい」って言うわけです。

私は「分かった」とだけ言って、日本人のホスピタリティを見せつけてやろうと、

その人のボス用にはUSサイズの大きいテンガ(TENGA)を渡したんです。

これが日本のおもてなしだと。

———ベテランの仲居さんみたいな気遣いですね。

そしたらもうメチャクチャ喜んだみたいで、後日、本部があるシンガポールから、

「日本のイノベーションでプレイステーション2以来の衝撃だ」

ってメールがきました。

〜第五回下試し(しもだめし)より〜

<PR> おもてなしの大きいサイズ

Pocket