今は昔。

彼氏が乳首だけでイクようになったと語る女性のお話。



———・・・イク?

イッたんです。
舐めたり、つねったりしたら、

「あれっ、あれっ!?俺こんなに感じるんだ!」

なんかじぃ~んって芯にくる、みたいなことを言ってて。

それで面白いから会うたびに攻めてたら、ある日とうとうイっちゃいました。俺目覚めた!みたいな。

———本当に?

本当に。

———相当に夢がある話ですねぇ・・・。

でも乳首を攻めてるときに男の人が声出すと、演技なんじゃないかなって思っちゃう。

———お互い様な感じはしますけどね。

まあ、ちょっと勝った感じがしました。

開発したんだと思って。

———乳首は大きかったですか?

あ、大きくなりますよね。

———やっぱりそうなんだ。

大きいっていうか、固くなる。

すこし話は変わるんですけど、チクニー専用の吸引カップのおもちゃがあって。

———チクニー!乳首オナニーの略ですね!

<PR>
U.F.O. SA 標準バナー

あれの片方とリモコンで8000円くらいして、

プラス4000円でもう一個買えるっていうのがあって。

———そこはバラ売りなんですね。

後輩の男の子がお金が無かったので、片方だけ買ったらしいんですね。

それで、片方だけ吸わせて、オナニーしてたらしいんですけど、気づいたらこっちの乳首だけでっかくなっちゃって。

———へぇ~、

「先輩、自分もう銭湯行けないっすよ」

って言ってました。

〜第五回下試し(しもだめし)より〜

あとがき

NHKでも取り上げられたことがあるという「チクニー」

チクニーを続けると突然、「虹色の気持ち良さ」が訪れるそうです。

参照リンク:https://pan-pan.co/detail/61777

Pocket