今は昔。

米軍に記者として従軍していた男が語る、二つの意味でセイシをかけたお話。


以前ちょっと従軍してまして。

———さらりと言われてますけど・・・

最前線だったんでね、毎日爆撃とかあるところで。

初めてだったんですごい怖かったんですけど、だんだん慣れてくるんですよね。爆撃とかも当りっこないなみたいな感じで。

そうすると、ちょっと命の危険があるから性欲が高まってくるんですよ。

———遺伝子の焦り、いわゆる疲れマラってやつですね。

他の米兵と共同部屋だったので、全然シコるって感じじゃないんですけど。でもシャワールームとか行くと、白人の米兵が二人で寄り添って入ってたりするんですよね。

それで僕もなんだかムラムラが抑えられなくなって・・・。

トイレに行ってトイレットペーパーをカラカラと出して、きちっと折りたたんで。

すごい十何日ぶりぐらいかだったんで、ものすごい高まってて、今までないぐらいビンビンだったんです。

でもティッシュをこうアソコに被せて出すと・・・なんかちょっともったいない気がしたんで、少し距離を離してたんですよね。

———もったいない?

なんかこう、押さえられたくない。

気持ちよく出したいというか。

———ぜんぶ出し切りたいみたいな。

そう、そうです。

開放感でこうファーッと出し切りたい。

———目でも楽しみたいみたいな。

それでもトイレを汚すわけにはいかないから、ティッシュでちょうどね、45度の角度でかぶせるようにしてたんですよ。

それでピュピュッてやったら、

・・・やっぱり戦場ですごい高まってたんでしょうね。

僕もびっくりしたんですけど、ティッシュをね、

ティッシュに当たって、顔に跳ね返ってきたんです。

———嘘だ!そんな流れ弾みたいな。

そうなんですよ。ほんとに流れ弾みたいに。

あんなにベトベトしてるのに。

なんでだろうと考えてみたら、その日はちょうどスナイパーがいるところにいて、壁の下でほふく前進したんで、ちょっと高まっちゃったのかもしれないですね。

———擦れて?

はい。

戦場でセルフ顔射したぞ、って話です。

〜第四回下試し(しもだめし)より〜

Pocket